不動産投資に特化した商品|今流行のシェアハウスで差が付く|一歩先の経営力

今流行のシェアハウスで差が付く|一歩先の経営力

集合住宅

不動産投資に特化した商品

女性

世界経済の動向で決まる

いまも昔も変わらず人気の高い投資対象のひとつが不動産です。最近では東京などの都市部を中心に街の再開発が目覚ましいスピードで進んでおり、それに伴ってマンションも建設ラッシュ状態にありますからマンション投資を始めるにはピッタリの頃合いと言えます。これから投資に関する勉強をスタートさせる人がまず知っておくべきことは投資用マンションの存在についてです。一般的にマンションはそこに入居をして生活することを念頭に販売されるわけですが、この投資用マンションは不動産投資をすることだけを考えて作られたマンションで、厳密にはこのふたつは区別されます。この投資用マンションの価格は立地や築年数といった従来のマンションと同じように決まりますが、唯一違っているのが世界経済の状況に左右されやすいという点です。不動産投資において利益が出るかどうかは経済の動向によって決まり、その流れは投資用マンションであっても例外ではなく、その部分はきちんと理解しておく必要があります。

二通りの攻め方がある

ちなみに投資用マンションを運用して利益を上げる方法には大きくふたつがあり、自分が置かれている状況や将来性などを総合的に踏まえた上でどっちにするのかを決めるべきです。ひとつ目がキャピタルゲインと呼ばれるスタイルです。これは相場が比較的安い時期に投資用マンションを購入し、それを価格が変動して高値になった瞬間に売るという形で、その差額が大きければ大きいほど手元に残る利益は高くなります。株などをはじめとするほかの投資の方法と近いものがあるのでノウハウをスムーズに理解しやすいやり方です。これに対して、ふたつ目がインカムゲインと呼ばれる形です。よく『マンション経営』という言葉を聞きますが、まさにこれがそれに当たり、買い上げた投資用マンションをほかの第三者に貸し出して、それによって発生する家賃をもとに利益を出すスタイルです。キャピタルゲインが短期戦だとすると、こちらのインカムゲインは長期戦です。ただ、投資用マンションを貸し出すことに成功し、軌道に乗せる事さえできればラクに利益を出し続けられることから日本ではインカムゲインの方が支流です。