今流行のシェアハウスで差が付く|一歩先の経営力

男性

ファミリー向け物件の価値

お金

不動産としての資産

不動産投資は、サラリーマンでも副業として簡単に行う事ができる投資方法です。初期投資が少なく、管理工数もかかりにくく、さらには大都市では需要が高く、空室のリスクなども少なく初心者にも運営しやすいメリットがあるのです。しかし主に不動産投資で運用するマンションは、単身向けの不動産です。ワンルームもしくは1LDKなど単身向けの世帯が中心になっています。そのため築年数が経過するとその価値は大きく低下します。不動産投信のメリットの一つである、将来的に不動産が資産として残る部分はあまりメリットにならないケースがあるのです。そのため不動産投資を行うのであれば、ファミリー向けの住宅を運営することをおすすめします。

将来ファミリー向けに変更

しかしファミリー向けの住宅は需要が少なく、空室のリスクを発生させることが懸念されます。そこで需要のあるシェアハウスとしての経営を行う事が有効となります。シェアハウスは最近の若者に人気があるため、単身向け以上に人気になっているのです。特に間取りが広く部屋数が多い物件であれば、その価値は高くなります。家賃も合計すると高めに設定することも可能になりますので、経営としての収益性が高いメリットもあるのです。シェアハウスはトラブルなども発生しやすいデメリットも持っています。そのため経営には、しっかりとした管理会社を選択することが大事なポイントになります。将来的には、シェアハウスからファミリー向けの物件に変更することができる経営的メリットも持っています。

市場の変動と元本割れ

男性

不動産投資の元本割れを恐れている人は、不動産投資信託を利用するのも良いです。その信託で有名なのがみんなで大家さんであり、自らが投資する不動産を選ぶことができます。また不動産の売買益を目的にしてないため、市場に左右されにくいです。

読んでみよう

セミナーで勉強しよう

講義

不動産投資セミナーの魅力は、著名な講師の話を聞けることや初心者のために不動産投資の基本から教えてくれるところにあります。収益物件の紹介もしてくれることがあり、セミナーならではの優良物件を案内してくれることもあります。

読んでみよう

不動産投資に特化した商品

女性

一般的なマンションと同様に投資用マンションの価格は、その立地や築年数から判断されます。しかし、異なっている点として世界の経済状況によって価格が変動することがあるので注意しましょう。また、キャピタルゲインやインカムゲインを活用すれば、より利益を生み出すことができます。

読んでみよう